乳酸菌は毎日取り入れよう|継続は力なり!

体の冷えについて

頭を抱えている女性

一年中起こる冷え

冬だけでなく、季節を問わず冷えを感じるのが冷え性です。冷え性の特徴は、手足や背中、お腹、肩などの特定の部位が冷えて寒く感じることです。冷えが生じるのは、生活習慣や運動不足により血行が悪くなり、心臓から遠い手足などに血液が回りにくくなっていることが原因です。しかし、冷たく感じるだけが冷え性ではありません。ひどくなると、反対に手足を熱く感じることがあります。また、下半身は冷えているのに、顔や上半身は熱く感じることもあります。これは冷えのぼせと言い、下半身へ回るはずの血液が上半身にしか回っていないことで起こる症状です。どちらも熱いからと言って冷やすのではなく、冷えから着ていることを自覚して、温めることで症状を緩和させることができます。

血行不良を改善する方法

冷え性の最大の原因は、血行不良です。血行を良くすることで、冷えを解消でき、さらには冷えの予防をすることもできます。まずは体を冷やす食べ物を避け、温める食べ物を積極的に取り入れることです。特に夏は、暑いので冷たい食べ物や飲み物を多く摂取しがちです。温かい飲み物ではなくても、冷蔵庫などで冷やしたものではなく常温のものを飲むことで体を冷やさない効果を得ることができます。また、運動などで体を温めることも効果的です。運動をすることで代謝もあがります。スポーツや激しい運動ではなく、日常生活の中で体を動かす意識をするだけでも違います。さらには、湯船につかることで血行もよくなります。夏は暑いのでシャワーだけになりがちですが、毎日湯船につかることで冷え性の改善につながります。